障害年金の申請例 - 傷病名:乳がん -

相談内容

Sさんのお兄さんから、「Sさんが癌だが、障害年金は癌でも受給できるのか?」と懸念しておりました。
Sさんは、乳がんで、症状として両手のしびれ・呼吸困難・腰痛などがみられていました。
また、Sさんは左乳房に腫瘤房があったため切除術を施術しました。その後、抗がん剤の投与と放射線療法実施を行っていたが、骨に転移が判明してしまいました。
障害年金の受給の可能性が高いことがわかり、また、条件としての保険料納付要件も満たしていました。

結果

医者の診断書を取得され、病歴・就労状況等申立書の項目についてしっかり確認され必要書類の確認をした上で、年金事務所に提出した後、見事受給に至ることができました。