申請例 - 傷病名:咽頭がん -

相談内容

最初は食べ物を飲み込んだ時に食べ物がつかえる感じがありました。
飲み込んだ時に引っかかる感じが続き、スッキリ飲み込めない日が続きました。
日に日に痛みが出始め、少しずつ痛みが強くなり、その頃、耳の奥にも鋭い痛みが出てきいました。
また、声のかすれなどの症状もありおかしいと思い病院を受診したところ、下咽頭腫瘍と判明しました。
発見が遅かったため症状が進行していて、喉頭および下咽頭の全部、頸部食道の一部を切除する手術を行いました。
その結果、声が思うように出せず発声障害が残りました。また食事が困難になりお粥状のものしか飲み込めなく、嚥下障害が残りました。

結果

2級の認定決定通知が郵送され、申請した翌月分から障害年金の受給ができました。