障害年金の申請例 - 傷病名:感音性難聴 -

相談内容

30代男性、日常的に「相手が何をいっているかわからない」、「音として聞こえてはいるが言語として聞き取れない」状況が続いていました。
断片的な単語を組み立て内容を予測しながら人と日常的な会話をしている状態で多人数との会話に関してはほぼ雑音に聞こえてしまう状況になるまで悪化し、医師に診断してもらったところ感音性難聴と診断。
さらに症状が悪くなる一方で、一対一の日常会話ですらおぼつかない状況にまで悪化してしまう。
一対一の会話も困難なレベルにまでなっており労働することは難しい。 日常生活に支障をきたしている。

結果

障害年金2級受給獲得