障害年金の申請例 - 傷病名:慢性糸球体腎炎による慢性腎不全 -

相談内容

50代女性、日常的に頭痛・倦怠感を感じており夜間に尿意で目がさめることが多く睡眠不足に陥っていた。
その後、特に医師の診断等はうけないでいたため呼吸困難になり救急搬送された。 即日入院となり慢性腎炎であることがわかり薬物治療を行っていたが除々に腎機能が低下していく。
症状がしだいに悪化し慢性糸球体腎炎による慢性腎不全と診断され人工透析を導入。現在も定期的に人工透析を行っている。(週2~3回) 仕事をおこなうことが難しくなり社会保険労務士に相談し、障害年金を受給。

結果

障害年金2級受給獲得