障害年金の申請例 - 傷病名:白内障 -

相談内容

物がかすんで見えたりと目に違和感を感じていましたが、日常生活に支障がなかったため特に病院などには行っていませんでした。
しかし、時間が経つにつれ視界に霧がかかったような状態になりほとんど物が見えなくなってしまったため、病院に行き検査を受けたところ白内障と診断されました。
症状が進行していたため水晶体のすべてが濁ってしまい著しく視力が低下してしまいました。
また、視力の矯正が効かないため仕事ができず日常生活も家族の助けが無いとできない状態でした。

結果

障害年金2級受給獲得