専門家(社会保険労務士)に任せるメリット

障害年金の申請書では、ミスをすることが許されません。
まずここでは、なぜミスをすることができないのかの理由をご説明します。

不服申し立ては(納得できない)だけでは難しい

不服申立にもルールがあり、そのルールにのっとって行う必要あり、単に「気に入らない」「納得できない」という理由だけではなく、しっかりと申立内容を検討する必要があります。
不服申立は認められにくいという話がよく出ていますが、なにも国は、不服申立は絶対認めないということはありません。不満を吐き出すのではなく、事実を申し立てるようにしなければなりません。
我々社会保険労務士は、そのお手伝いをさせていただくべく、経験を積んでおります。

不支給決定通知が届いた時は?

自分で申請をし、「不支給決定通知が届いてしまった」、「実際より症状が軽く見られてしまい等級に不満がある」等、不当な結果になってしまった方もいらっしゃると思います。
その時どうしても納得できないときは、処分の是正を求め不服申立を行うことが出来ます。
下記より詳細ページをご覧下さい。

専門家に障害年金の申請を頼む4つのメリット

  1. 年金事務所への手続きを代理でやってもらえる
  2. 申請書類を自分で作成しなくても済む
  3. 年金受給後のアドバイスをもらえる
  4. 専門家に任せることにより、効果的なリスクヘッジ(起こりうるリスクを回避したり軽減するように工夫する事)が可能