肛門・直腸・泌尿器の障害の障害年金認定基準

肛門・直腸・泌尿器の傷病で障害年金をとる基準

障害年金では、肛門・直腸・泌尿器の障害について次のように認定します。

等級 症状
1級 ・肛門、直腸・泌尿器で1級に該当する明確な基準はありません。
2級 ・人工肛門を造設し、かつ新膀胱または尿路変更術を施したもの
・人工肛門を造設し、かつ完全排尿障害状態にあるもの。(完全排尿障害状態とはカテーテル留置または自己導尿の常時施行を必要とする状態をいう) 
3級 ・人工肛門を造設したもの
・新膀胱を造設したもの、または尿路変更術を施したもの

傷病別・詳しい認定基準