障害年金を請求する時の注意点

障害年金の請求では、「初診日」に年金制度に加入していたのか、またどの年金制度に加入中であったか、を注意しなければなりません。
初診日に年金制度の未加入であると、請求そのものができないからです。
さらに初診日に加入していた年金の種類により、受給できる障害年金の種類も変わってくることがあります
このように条件ひとつで、受給できる障害年金の種類や金額が変わってきます。

注意しておきたい事

国民年金と厚生年金の違い

初診日が国民年金加入中にあった場合は、障害等級が1級または2級に該当しないと受給できません
それに対して厚生年金加入中であった場合は、1級、2級、3級に該当すれば受給できます
また障害手当金に該当する場合もあります。国民年金加入中よりも受給できる可能性が広がります。

  • 1.国民年金加入中は1級か2級障害に該当することが必要
  • 2.厚生年金加入中は1級か2級か3級障害に該当することが必要

厚生年金加入中が有利

請求方法の違い

請求については、認定日を初診日から「1年6ヶ月時」にして請求した場合、年金はさかのぼって受給できるため、年金額が多くなります。
それに対して「事後重症」で請求した場合は、請求したときが認定日となり、そこから将来に向かってのみ受給できます。
1年6ヶ月時請求とは異なり、さかのぼって年金を受給することができなくなるため、注意が必要です。

  • 1.1年6ヶ月時」請求であれば遡って年金を受給できる
  • 2.「事後重症」であれば将来に向かって年金が支給される

「1年6ヶ月時」請求が有利

障害年金メニュー