▲Page Top

耳(聴力)の障害の障害年金認定基準

耳(聴力)の傷病で障害年金をとる基準

純音による聴力レベル値(純音聴力レベル値)および語音による聴力検査値(語音明瞭度)により等級が決まります。

等級 症状
1級 ・両耳の純音聴力レベルが100デシベル以上のもの。
2級 ・両耳の純音聴力レベルが90デシベル以上のもの。
・両耳の純音聴力レベル値が80デシベル以上で、かつ最良語音明瞭度が30%以下のもの。
3級 ・両耳の純音聴力レベル値が70デシベル以上のもの。
・両耳の純音聴力レベル値が50デシベル以上で、かつ最良語音明瞭度が50%以下のもの。

※聴力レベルは、原則として両耳とも上記デシベル以上であることが必要。片方の耳のみ聴力レベルが該当しても原則として障害年金の対象外。(ただし例外もある)
※聴力の障害と平衡機能障害とは併存することがあり、この場合は併合認定される。

障害年金の申請例 - 傷病名:メニエール病 –

内容

何か月かに一度は突然30分ほどのめまいがあって、ひどい時には嘔吐や動悸に苦しめられています。だんだん、めまいの頻度が数週間になって、耳の閉塞感と耳鳴りがするようになりました。

検査を受けたら、医師からメニエール病と言われました。薬での治療を続けましたが、回復の見込みはないようです。

症状が進行していて、めまいの回数は薬のおかげでやや少なくなりましたが、難聴の進行を防ぐことは難しい状態で、日常生活も普通に送ることができません。

結果

障害年金3級受給獲得

耳の障害年金の申請事例(傷病名:感音性難聴)

内容

普段から、「相手が何をいっているかわからない」、「音としては聞こえるのに言葉として聞き取れない」ということが頻繁にあり、苦しんでいました。

断片的にわかった単語を組み立てて、言っている内容を予測しながら相手と会話をしているような状態で、たくさんの人との会話はほとんど雑音に聞こえてしまいます。

医師に診てもらったところ、感音性難聴と診断されました。それから更に症状はひどくなって、とうとう一対一の日常会話ですらおぼつかない状況にまで悪化してしまいました。

会話も困難なレベルになってしまい、働くのは難しい状態です。日常生活でもかなりの支障をきたしています。

結果

障害年金2級受給獲得