▲Page Top

そしゃく・嚥下・言語の障害の障害年金認定基準

そしゃく・嚥下障害

等級 症状
1級 ・そしゃく・嚥下障害で1級に該当するものは原則ありません。
2級 ・流動食以外は摂取できないもの、経口的に食物を摂取することができないもの、および経口的に食物を摂取することが極めて困難なもの。
(食事が口からこぼれ出るため常に手、器物などでそれを防がなければならないもの、または一日の大半を食事に費やさなければならない程度のものをいう)
3級 ・経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないために、ゾンデ栄養の併用が必要なもの、または全粥または軟菜以外は摂取できない程度のもの。

言語障害

等級 症状
1級 ・言語障害で1級に該当するものは原則ありません。
2級 ・音声または言語を喪失するか、または音声もしくは言語機能の障害のため意思を伝達するために身ぶりや書字などの補助動作を必要とするもの。
・4種の語音のうち3種以上が発音不能または極めて不明瞭なため、日常会話において誰が聞いても理解できないもの。
・咽頭全摘出手術を施した結果、言語機能を喪失したもの。
3級 ・4種の語音のうち2種が発音不能または極めて不明瞭なため、日常会話において家族等の近しい者は理解できるが、他人は理解できない程度のもの。

そしゃく・嚥下・言語の障害年金の申請事例(傷病名:咽頭がん)

内容

最初は、食べ物を飲み込んだ時に、喉がつかえる感じがありました。それから飲み込もうとするたびに引っかかる感じが続き、スッキリ飲み込めない日が続きました。

すると、だんだん喉に痛みが出始め、少しずつそれが強くなり、更には耳の奥にも鋭い痛みが出てきました。また、声のかすれなどの症状もありおかしいと思い病院を受診したところ、下咽頭腫瘍と判明しました。

発見が遅かったために症状が進行していて、喉頭および下咽頭の全部、頸部食道の一部を切除する手術を行いました。

その結果、声が思うように出せなくなり、発声障害が残りました。また物を食べることが難しいためお粥状のものしか飲み込めない等、嚥下障害が残りました。

結果

2級の認定決定通知が郵送され、申請した翌月分から障害年金の受給ができました。

そしゃく・嚥下・言語の障害年金の申請事例(傷病名:舌癌)

内容

近頃食事の時、舌に痛みが続いていたので、気になって病院へ行きました。精密検査を受けたところ、左舌縁部に白い斑点が出現していて、結果、扁平上皮癌(舌癌)と判明しました。

すぐに舌部分切除を行いましたが、舌癌から鼠径部リンパ節に転移していました。更にその後、全身への転移が判明し、継続的に抗がん剤治療・放射線治療を行っています。

かつてのような普通の生活は送ることができず、食事は流動食のみとなり、家族に協力してもらわないと歩けません。外出は車椅子を利用しています。

結果

申請結果、2級の認定決定通知が郵送され、申請した翌月分から障害年金の受給ができました。