▲Page Top

腎臓の障害の障害年金認定基準

腎疾患障害は、検査成績及び自覚症状・他覚所見・一般状態・人工透析療法の実施状況・日常生活状況などを総合的に評価して障害認定されます。
腎疾患により人工透析療法施行中のものは、原則2級該当ですが、その腎疾患の主要症状や検査成績などによっては1級該当となる場合もあります。

腎臓疾患

等級 症状
1級 慢性腎不全及びネフローゼ症候群検査成績で、内因性クレアチニンクリアランス値が10ml/分未満、血清クレアチニン濃度が8mg/dl以上、1日尿蛋白量が3.5g/日(以上)を持続して血清アルブミンが3.0g/dl以下又は血清総蛋白6.0g/dl以下で、且つ一般状態が、身のまわりのことが出来ず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲が概ねベッド周辺に限られるもの
2級 慢性腎不全及びネフローゼ症候群検査成績で、内因性クレアチニンクリアランス値 が10ml/分以上20ml/分未満、血清クレアチニン濃度が5mg/dl以上8mg/dl未満、1日尿蛋白量が3.5g/日(以上)を持続して血清アルブミンが3.0g/dl以下又は血清総蛋白6.0g/dl以下で、且つ一般状態が、次に掲げる状態のいずれかに該当するもの
(1)身のまわりのある程度のことは出来るが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出などがほぼ不可能となったもの
(2)歩行や身のまわりのことは出来るが、時に少し介助が必要で軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起居しているもの
3級 慢性腎不全及びネフローゼ症候群検査成績で、内因性クレアチニンクリアランス値 が20ml/分以上30ml/分未満、血清クレアチニン濃度が3mg/dl以上5mg/dl未満、1日尿蛋白量が3.5g/日(以上)を持続して血清アルブミンが3.0g/dl以下又は血清総蛋白6.0g/dl以下で、且つ一般状態が、次に掲げる状態のいずれかに該当するもの
(1)歩行や身のまわりのことは出来るが、時に少し介助が必要で、軽労働は出来ないが、日中の50%以上は起居しているもの
(2)軽度の症状が有り、肉体労働は制限を受けるが、歩行・軽労働・軽い家事・事務などは出来るもの

腎臓の障害年金の申請事例(傷病名:慢性腎不全)

内容

会社の健康診断を受けた際、血糖値が高いと指摘を受けていましたが、病院へ行くのを面倒がって、ついそのままにしていました。しかし、それから間もなく、日常的に吐き気、肩こり、めまい、頭痛、むくみ、倦怠感などを感じ、食欲も無くなっていきました。

そんな状況になってようやく何かおかしいと思い、治療のため通院することを決めました。朝から靴がきつく履きづらく、むくみもひどかったです。薬による治療を続けましたが、症状は良くなりませんでした。

その後、腎臓専門の病院で精密検査をし「慢性腎不全」と診断されました。 腎機能が低下しているとのことで、週2~3回のペースで透析を受けています。

結果

結果、障害年金2級の認定を受けることができました。

腎臓の障害年金の申請事例(傷病名:ネフローゼ症候群)

内容

最初の頃はだんだん食欲がなくなってきて、それから全身の倦怠感がひどくなりました。

仕事の疲れからきていると思っていたので、あまり気にしていませんでした。しかし、次第に手足のむくみもあらわれ、特に足のむくみがひどくなりました。また、尿が泡立つようになり、おかしいと思って病院で検査を受けました。

検査の結果、ネフローゼ症候群ということが判明しました。治療を受け、現在人工透析を週2~3回のペースで行なっています。

結果

申請した翌月分から、障害年金2級の認定を受けることができました。

腎臓の障害年金の申請事例(傷病名:慢性糸球体腎炎による慢性腎不全)

内容

普段から毎日のように頭痛や倦怠感があって、夜寝ている最中に尿意で目がさめることが頻繁で睡眠不足に陥っていました。それでも、病院に行って「たいしたことではない」と言われるのが嫌で、そのままにしてしまいました。

しかしある日突然、呼吸ができなくなり救急車で病院に搬送され、即日入院。慢性腎炎であることが判明しました。薬物治療を行いましたが、除々に腎機能が低下していきました。

そして症状が更に悪化。慢性糸球体腎炎による慢性腎不全と診断され、人工透析を導入することとなりました。現在も週2~3回の頻度で、定期的に人工透析を行っています。

結果

障害年金2級受給獲得