▲Page Top

眼(視力・視野障害)の障害の障害年金認定基準

眼の傷病で障害年金をとる基準

眼の障害は、主に視力・視野障害について次の基準によって1級~3級が決まります。


等級 症状
1級 ・両眼の視力の和が0.04以下のもの
2級 ・両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの。
・両眼の視野が5度以内のもの。
3級 ・両眼の視力が0.1以下に減じたもの。

※視力の数値は、屈折異常のあるものは、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡またはコンタクトレンズによって得られた矯正視力による数値、眼内レンズを挿入したものについては、挿入後の矯正視力による数値により認定。
※矯正が不可能なものについては、裸眼視力により認定。
※両眼の視力とは、両眼視によって得られた視力ではなく、左右の視力を別々に測定したものをいう。
※両眼の視力の和とは、左右の視力を別々に測定した数値を合算したものをいう。
※視力障害と視野障害が併存する場合は、併合認定。

眼の障害年金の申請事例(傷病名:網膜色素変性症)

内容

4、5年前くらい前から、夜になると物がよく見えなくなってきて、最近は道を歩いていると人にぶつかってしまうことが頻繁にあります。

目の痛みなんかは無いですが、夜は視力がかなり低下していて、蛍光灯の下だと特に物が見えづらいです。視野も狭くなってきているので、電車に乗るときはホームに落っこちたりしないよう、いつも注意しています。

結果

目の視野が10度以下、損失率95%であることから障害等級2級の該当可能性が高いと推定し、すぐに申請の準備に入りました。順調に審査が進み、推定どおり障害厚生年金の2級を獲得しました。

眼の障害年金の申請事例(傷病名:白内障)

内容

物がかすんで見えることがたびたびあって、目にも違和感がありましたが、日常生活に大きな支障はなかったので、病院には行っていませんでした。けれど、だんだん視界がぼやけてきて、靄がかかったような状態になってしまい、ほとんど物が見えなくなってしまいました。

そこでようやく病院に駆け込んで、検査を受けたら白内障だと診断されました。

先生のお話しによると、症状が進行していたせいで水晶体の全体が濁ってしまって、視力がかなり低下してしまいました。視力の矯正が不可能ということで仕事もできず、現在、日常生活も家族の助けが無いと何もできません。

結果

障害年金2級受給獲得

眼の障害年金の申請事例(傷病名:腎性網膜症)

内容

もともと腎臓に持病があったのですが、視力が低下してきていたので病院で検査を受けたところ、網膜動脈の出血や浮腫が見られるということで、腎性網膜症と診断を受けました。

1人で日常生活のあれこれができなくなるまで視力が悪化して、さらに精密検査を受けた結果、網膜剥離が見つかりました。

そのため、家族がサポートしてくれないと、日常生活も外出も何もできない状態です。

結果

障害年金2級受給獲得